脂肪吸引なら憧れ体型に!【理想を実現する方法】

女性

美しいボディへ

お腹

レーザースタイリングの知識

レーザースタイリングとは、運動や食事制限では落とせない皮下脂肪をレーザーによって融解して美しいスタイルを目指す脂肪吸引から進化した痩身治療法です。1回の治療で大幅に脂肪を落とすことができるので、時間がかかるダイエットと違い効果があらわれるのが早いです。痩身効果は治療後に少しづつあらわれ、2ヶ月から3ヶ月後にははっきりと効果を実感できます。脂肪は融解されてから体内に吸収されて、後に汗や尿として体外に出てゆきます。頬やアゴの下などの皮下脂肪を減少させるときは、同時にドレナージと呼ばれる排出を行うと早期に効果があらわれます。脂肪吸引のように、脂肪をそのままの状態で排出するのではなく脂肪をレーザーで液体化してから排出する治療なので体に与えるダメージも少なく、自然なボディのデザインに仕上がります。治療の後のダメージも少なく脂肪吸引にはない止血効果もあり回復が早いので、治療の翌日から仕事に戻ることも可能です。レーザースタイリングの特徴は、脂肪吸引のような単なる痩身治療ではなく、体の細部のデザインにもこだわった治療です。レーザースタイリングで照射されるレーザーの種類は、まず止血効果の高い1064ナノメートルのレーザー波長を照射して出血を抑えて術後の不快感を少なくすることができます。次に脂肪への吸収率とレーザー拡散熱の高い1320ナノメートルのレーザーの照射を行い、溶解と皮膚の引き締め効果を高めます。そして1440ナノメートルのレーザー波長で、大量の脂肪を効率よく溶かすことができます。

たるみを防止

これらの二つのレーザー波長を、ひとつのハンドピースから連続して照射するマルチプレックステクノロジーでより安全で効率よく脂肪を溶かすことができるのです。ダイエットは脂肪細胞の数を減らすことができないため、カロリーをとりすぎるとリバウンドすることがありますが、レーザースタイリングは脂肪細胞の数を減らすことができるのでリバウンドの可能性が減少します。また体外式脂肪溶解機器を使っての痩身治療は、体の外側から超音波をあてて細胞脂肪を破壊し、安全性は高いですが、効果があらわれるのに時間がかかりすぎることがあります。吸引管を使用して行う脂肪吸引治療は、脂肪細胞を減少させる効果はありますが止血作用がなく体に負担がかかり時間もかかります。また治療によっては皮膚がたるむことがあります。レーザースタイリングは皮下脂肪を融解させるだけでなく、その上にある真皮層をレーザーを照射することで刺激し繊維芽細胞を活性化させます。そのことでコラーゲンが再構築されて、皮膚が引き締まりたるみを防ぐことができます。この皮膚収縮効果は他の脂肪吸引などの脂肪除去治療では得られないレーザースタイリング治療の特徴で、皮膚が引き締まりスマートなスタイルの仕上がりとなる治療です。